© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

田野倉康一

  • 4月24日(金)

    陽が差し込んでいる
    酷く、陽が差し込んでいる
    書斎の
    しずかなしずかなレンゴクで
    世界は一度、漂白される

    もし
    詩人であることが事故だというのなら
    今ほど詩人があふれた時はない
    すでに
    あらゆる人とのあいだに
    はてしない距離を
    抱える者を詩人と呼ぶのであれば

    杉並区都市整備部狭あい道路整備課狭あい道路係ヒラ
    田野倉康一は本日、勤務日である
    二分の一出勤で昨日は自宅待機
    今はシートを張ったカウンターの横で
    測量屋さんや不動産屋さんと
    図面を囲んで濃厚接触
    「こんなときに役所まで来いと言うのか」
    となじられながら
    でも人の財産にかかわることですから、と
    今日も濃厚接触はつづくよ

    杉並の街にこんなに猫が多かったとは
    やっと出られた現場調査で
    人よりもたくさんの猫と話す

    詩人であり詩人でないものは、僕は
    きはくになっていく空気のなかで
    一向に減らない厖大な距離を
    ただ、もてあましても
    いる

    東京・小平
  • 5月12日(火)

    平穏
    万年床に寝そべり
    セスナ機のエンジン音を遠くに聞いて
    幽囚の光の中
    言葉の一切は断たれ
    行く先のすべては
    打ち捨てられている

    新緑はしずかに萌え
    カタカナの海で
    音もなく声もなく
    おぼれてゆく
    ものたちの
    平穏

    おだやかなひのひかり

    東京・小平
  • 6月4日(木)

    中央線にふつふつとあふれてくる
    しずかなひとなみ
    あかるいあさの
    ひかりのなかで
    皆、
    目だけでものを言う

    あさはしずかな電車のなかで
    マスクを忘れたおじさんが
    目だけで刺されまくってる

    あけはなたれた窓からは

    水色の風が
    人と人との近くて遠いすきまを
    ただ、ふきぬけてゆく

    あらゆることが
    あらゆるものが
    遠い

    未来だ

    東京・小平
  • 7月2日(木)

    昨日受理した協議書を点検している
    添付の印鑑証明が古い
    代理人はコロナだからカンベンしろと言う
    カンベンは
    できない
    人の財産にかかわる

    少しずつ恨まれていく仕事ではある

    アクリル板を隔てて
    図面の相談はできない
    カウンターが狭くなっただけだ
    と、同時に
    世間も狭くなった
    図面を囲む男たちの
    心の距離は遠い

    しかしずいぶんむかしから
    こうだったとも思う

    帝国ホテルプラザで
    松元悠さんの個展を見た
    ぼくたちの生は距離でできている
    当事者であろうとして
    当事者ではない者が抱く
    あの距離のように

    霊的なおのの充満
    それは無限大の距離を意味する

    アマビエ さ ま

    小平市
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
CREDIT