© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

新井高子

  • 4月22日(水)

    ある日、だァるくなって
     足がむくんでしびれて、心臓の止まるもんもあって、
    ある村に、ひとりでて、ふたり、さんにん
     きゅうも、じゅうも、
    だァもの、
    疫病だと思うさねぇ。
    塩まいて、歌うたって、悪い神さま、追ッぱらおうとして、
    にじゅう、さんじゅう
    そうして、ごじゅうで、
    そうして
    ある日、
    気付いたってぇ。
    米ぬか
     だって。
    脚気だったのさ、
    白いごはんを食べるようになって

    ある日、だァるくなって
     咳がでて熱がでて、心臓の止まるもんもあって、
    ある町に、ひとりでて、ふたり、さんにん
     きゅうも、じゅうも、
    だァもの、
    疫病だと思うよねぇ。
    手ぇ洗って、覆面して、悪いウィルス、追ッぱらおうとして、
    にひゃく、さんびゃく
    そうして、ごまんと、
    そうして
    ある日、
    気付くのさ。
    **
     だって。
    遠いか近いかしれない未来に、
    あのころは◯◯ようになって、って

    わかってたかもしれないねぇ
    その村でも、
    うすうす気付いてるかもしれないよねぇ
    この町でも、
     だれかが。
    そのとおりかどうかは

    続いていれば、

          ねぇ、

        ねぇ

      ねぇ、

    続いたんでしょうか、
    その町は、

    遠いある日に。

    神奈川・横浜
  • 5月15日(金)

    どうして欧米でそれは疎んじられたのか。
    カタカナ語がないからさ。
    オペラ座の怪人の仮面も
    どろぼうの覆面も
    ぜんぶ maskだもの、
    かけたくなかったんだよねぇ、マスクだって。

    どうしてこの島でおかみのそれはつまずくのか。
    じつは仮面だからさ。
    おまつりのお面も
    にんじゃの覆面も
    じぶんの キモチだもの、
    かけたくないよねぇ、アベノマスクなんて。

    お能に
    癋見(べしみ)という面があるんだって。
    口を固くむすんで何も言わない仮面だって。
    折口信夫によると
    それは、しじまの面、
    かみに従わない沈黙の精霊の顔。

      ねぇ、
     ねぇ、
    god(神)も、ruler(支配者)も
    ひとしく「(お)かみ」と呼んじゃったニッポンの土俗感覚、
    えらい と思わない?
    何も言わせない覆面なんか
    もらいたくないさ、
    おかみさまに

    じぶんでマスクする、
           わたしたちは
    手作りで、闇市で、ネットオークションで
      宅急便のおじさんも、
     なわとびしてるよっちゃんも、
    陣痛がはじまったおかあさんも、
    マスクをしている
    せかいじゅうの
    おどろく数が、

    演じてる、
    仮面をつけて
    その精霊を、

    へのへのもへじ、
    胸のうちは。

    神奈川・横浜
  • 6月7日(日)

    できるだけしずかなところで
    つぶやいてみてください、
    タマシイ ということばを

    舌が口蓋をたたく「タ」、
    むすんだ唇をあける「マ」、
    タマというとき
    口のなかの小鼓の音が
    下りてくようじゃありませんか、喉という深井戸を
    できるんですよ、
    間(マ)が、からだのおくに

    タマ、タマ、タマ、
    くりかえすほど、腹という沼にたまる響きたち
    それを魔(マ)と呼ぶひとだって、あったでしょう

    そうして
    小声でいってみてください
    そのタマを、
    のせてください
    歯のすきまから漏れる「シイ」に

    タマ、タマシイ、
    タマ、タマシイ、
    白い息に包まれて
    こんどは汲み上げられていくでしょう、沼の魔が
    のぼっていくでしょう、
    そうして
    口から
    尾をひくよ、けむりのように

    タマシイは
    うごくもの、
    うごいていくもの

    “息ができない”

    そのいまわで
    うごくもの、
    うごいて、ひろがるもの

    ※米国ミネアポリスの事件、ジョージ・フロイドの最期の言葉「I can’t breathe」より、“息ができない”。

    神奈川・横浜
  • 6月30日(火)

    うちのベランダで、ゴーヤがそよいでる
    アサガオのタネ蒔きをする鉢に、ことしは
    もしものときは、
    せっぱ詰まった晩春だったから

    だが、違うのだ、ツルの這い方が
    アサガオが、時計と逆まわりにとぐろを巻いていくヘビだとしたら、
    ゴーヤは、ムカデ
    ヒゲのようにかぼそい足を無数にだして、さがしてる、
    つかまる何かを

    いや、かぎりない触角というほうがいい
    どこへ行こうか、かぜに揺れつづけているそのヒゲは
    どこへ行こうか、においを嗅ぎつづけている虫のそれと
    そっくりで、
    じぶんでうごくとか、うごかないとか、
    じつは、どうってことないんじゃないか

    きょう、咲いたよ
    かわいい花がひらいたよ
    いや、それは、黄色い肛門のようでもあって、
    ひかりとあめとつちを
    舐めつくした果ての、出口が、
    ようやっと、あらわれて

    でてくるよ、
    みどりいろのヘビも
    もうじき、
    いぼいぼのかたいヤツが、でてくるよ
    その朝、ドアをしめるかどうか、
    じつは、どうってことないんじゃないか

    ねぇ、
    咲いたよ
    かわいいのがひらいたよ
    やがて、わたしの黄ばんだ肛門からも
    でていくのだから、それは

    ながいながいヘビじゃないのか、
    時を逆まわりにたどるなら
    すべての因果は、

    どこへ行こうか
    どこへ行こうか

    神奈川・横浜
  • 7月23日(木)

    なんの気なしに
    手をのばした青葉の裏がわで
    みっしりと、
    おどろくほど規則的に赤茶の斑点がならび、
    覗きこめば
    どの葉も、どの葉も、どの葉も、

    そのとき四歳だった
    熱がでて、寝かされていた
    ふと起きて、母の鏡台のまえに立てば、
    むごい斑点が
    顔にも、首にも、手足にも、
    口紅をぬれば、おそろしくはみ出したっけ

    泣いても、泣いても、泣いても、
    見てはいけないものは消えなかった

    この怖さはなんだろうか
    この感染症の怖さはなんだろうか
    と 問いかけて、
    浮かんできたのだ、こころのこのマダラ模様が

    ほんとうは、見えているんじゃないか、
    ウィルスを
    赤茶色のその斑点を
    突風が運んできた瞬間だって

    見えているんだよ、
    だから
    怖いのさ

    泣いても、泣いても、泣いても、
    消えなくて

    顔にも、首にも、手足にも、

    神奈川・横浜
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
  • アトリエおよばれ
CREDIT