© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

宮尾節子

  • 4月17日(金)

    郵便配達夫は

    花が咲いているでしょう
    詩を書いているのよ

    誰も訪ねて来ない山の奥とか
    谷底で
    お天道様のほか
    誰も見る人がいないのに――
    花が咲いているでしょう
    春になれば

    詩を咲いているのよ
    そんなふうに――

    蜜蜂の翅音に似た
    バイクの音が山道を這い上がる
    ちらちら見え隠れする姿に

    あんなところまで郵便配達夫は、
    と村人は驚いた
    手紙には触れずに

    郵便配達夫は、知っていた
    読めるところだけ読んで――
    言葉の先には人が住んでいることを

    ***

    ドミノ倒しのようにイベントが軒並み中止や延期になり
    そうだこの機会にと部屋の片付けやずっと見つからない
    探し物をしている。

    上の詩も片付け途中で見つかった古い詩、
    どこに出すつもりだったろうか
    あるいは捨てるつもりだったか。

    捨て猫のような、郵便配達夫の詩の
    最後の連の、最初の行を最後に
    まわして、敗詩復活をしてみた。

    芽吹きの季節となり、見渡す限り奥武蔵の山々は
    新鮮な緑で盛り上がる、サラダ鉢のようで
    目が美味しい。
    水も空気も、とびきりだ。

    でも、
    人も恋しい。

    おーい。

    埼玉・飯能市
  • 5月10日(日)

    「そんなことするんだ」
    ことばにすれば、そんな感じです。

    奥さんが看護師さんの、会社員の男性が
    上司に言われたそうです。
    「きみが会社を休むか、奥さんが辞めるか」

    自粛警察なるものが町に出現したそうです。
    他県ナンバーの車には疵がつけられました。
    自粛しない(本当は規定を守って自粛営業
    していた)店には石が投げ込まれました。

    全国に非常事態宣言が出てから
    (そんなものでるんだ)
    人間に異常事態現象が起きています。
    (そんなことするんだ)

    「隣り組がいちばんこわい」
    戦時中のひとの言葉です。
    「夏蜜柑より正義感がこわい」
    今日のわたしの言葉です。

    もうひとつ。

    #検察庁法改正案に抗議します、という
    ハッシュタグのツイートが火の付いたように
    ひろがって、瞬く間にトレンド入りしました。
    (反対します、でなく、抗議します、がたぶん吉)

    そのあとに又怪奇現象です。200万ツイート数
    あたりから
    眼の前で見る見るツイート数が減り始めたのです。

    大急ぎで、月が欠けるみたいに。
    「そんなことするんだ」

    「だれもしろとは、いってない」
    (いつも、これだが)

    月が欠けても、(あのね)
    お天道様が見ているよ。

    埼玉・飯能
  • 6月2日(火)

    わたしの命の
    ぎりぎりまで

    つらいことや
    悲しいことや

    わたしを苦しめる
    ことが

    あると
    いいな。

    そしたら
    植木屋さんが
    伸びた枝に鋏をふるうように

    そしたら
    コックさんが
    自慢の料理の腕をみせるように

    そしたら
    お医者さんが
    新たなウイルスと格闘するように

    そしたら
    お巡りさんが・・・
    皆が皆そんな人ばかりでないように

    そしたら
    カリフォルニアオレンジが
    最後の一滴までオレンジであるように

    祈りを甘くしながら
    与えられた仕事の腕を発揮できるから。

    第二波、
    第三波にそなえて

    ***

    きれいですね、
    きれいなもんか。

    お花、
    あ、花ね。

    スナックに持って行くの
    オープンしたから持って行ってやんの。

    少しずつ
    ひるのまちの扉がひらき
    少しずつ
    よるのまちに灯がもどる。

    写真撮ってもいい?
    うん、いいともさ。

    埼玉・飯能
  • 6月25日(木)

    マスクがあまったら
    このポストに入れてください。
    そして
    マスクがほしい人は
    自由にもっていってください。

    まちの郵便ポストのそばに
    マスクポストができました。

    買い過ぎてあまったマスクや
    色とりどりの手作りマスクが
    (おばあちゃんも大活躍して)
    ポストにたくさん集まりました。

    もう、だいじょうぶ。

    ワクチンを開発したいのですが
    お金と研究者の人手が足りません、と
    呼びかけたら

    「わたしは何にもないけど
    お金だけは一杯あるんですよ」と
    世界中のお金をもっているひとから
    たくさん寄付が集まりました。

    「わたしはお金はないけど
    研究だけは自信があるんですよ」と
    世界中から研究者もたくさん集まりました。

    もう、だいじょうぶ。

    3人寄れば文殊の知恵
    といいますが――なんと
    世界中の知恵が一堂に集まったものだから
    (今回ばかりは世界中のどの国も
    他人事ではなかったからです)
    あっと言う間に

    ウイルスを退治する画期的な
    ワクチンが発明されたのでした。

    もう、だいじょうぶ。

    以前なら
    内緒にして、ひと儲けしたいなという
    気持ちも(ふつふつ)わきましたが

    以前なら
    肝のところは、わたしの発見だよと
    自慢したくて(もやもや)もしましたが。

    今回ばかりは、ぜんいんが
    「はやく、ワクチンを」ただ
    その思いひとつで、がんばったのでした。

    なので
    「できた!」と声があがったときは
    世界中でたくさんの拍手がわきおこりました。
    (黒い手も白い手も黄色い手も
    兵士たちも銃を置いて、喧嘩していた若者も
    振り上げた拳をひらいて、大きな拍手です)

    これは
    誰のワクチンでもない、みんなのワクチンだ。
    そうだ、異議なし!
    ということで、ぜんいん一致で、話がまとまり

    世界中で、いっせーのせで
    無料でワクチンが配られることになりました。

    すると、誰もが
    マスクの時のように、長蛇の列になることもなく
    われ先にと、おたがいを押しのけ合うこともなく

    あなたからどうぞ、いえいえ
    あなたのほうが大変そうだから、どうぞお先にと
    ひととして、あたり前のことができるのでした。

    ひとがひととして
    あたり前のことができるようになった頃。
    ひとでなしウイルスと呼ばれたおそろしい感染症も
    だんだんと世界から収束しはじめました。

    みぎだひだりだ、きただみなみだと、さんざん
    いがみ合ったり、ののしり合ったりした人びとが

    満ち欠けをわすれた白い月のように
    大きなマスクの下で隠されていたのは、そうだ
    この笑顔だったんだと、にわかに気づいたとき。

    大切なのは、あなたと
    戦うことではなくて、あなたと
    助け合うことだったと、やっと知ることができました。

    なので
    今までは、殺し屋ウイルスと呼んでいたけど
    あれは、ほんとうは
    愛のウイルスだったねと、わらって囁きあいました。
    (マスクのないくちで)

    おしまい。

    ***
    きょうは、昼間から
    そんな夢を、みてました。

    一年で、一番晴れない日が
    6月25日、の今日だそうです。
    そして、なんと
    あしたが、晴れ女でゆうめいな、あたしの誕生日です。

    めでたし、めでたし。

    埼玉・飯能
  • 7月18日(土)

    きのうさいた
    花なら、いいけど。
    東京で293
    埼玉で51

    かこさいた
    感染者数です。

    最多を更新する
    数字ばかり、目にしていると
    まるで
    数字に黙らせられた
    かわいそうな
    言葉の姿にも、見えてくる。

    道ゆく人びとの
    口を覆った、マスク姿が。

    だんだん大きくなる
    マスクには
    もうひとつ、見覚えがあった。

    津波のあと
    巨大な防潮堤が建設されて
    すっかり海の景色が隠れてしまった
    東北の海岸線。

    コロナのおかげで顔にも
    高い防潮堤ができたようだ
    隠れてしまったのは笑顔の水平線。

    コロナの海岸には
    黒船が来たように
    なぜか、横文字もどっと押し寄せた。

    ソーシャルディスタンス、アラート、リモート
    ニューノーマル、そして、エピセンターだって。

    ところがちっとも、馴染めない
    横文字がさっぱり、身につかない。
    なぜだろう。

    クックパッドでレシピを検索すると
    どんな料理もすぐできるが、すぐに忘れる。
    台所に並んで母に一度習ったきりの卵焼きは
    母が死んでも、忘れてないのに。

    「さいきん、小さい文字が見えないので
    お風呂場でシャンプーとコンディショナーの
    区別に困るのよ」と、隣りでぼやいたら

    まあちゃんが、「あら。
    シャンプーの頭にはボツボツがあるのよ。
    目の見えないひと用の」と風呂場で教えてくれて
    日頃の悩みが、いっぱつで解決。

    触れて、覚える。
    そばで、教わる。

    本当に、わかる時は
    あたまではなくて、
    すとんと、落ちるように
    からだで、わかる。

    からだに、沁みて
    細胞が、記憶する。

    なのに、
    濃厚接触、密――
    どれもが、悪いことになった、今。

    オイ、コロナ
    いったい、どうやって
    わたしは
    わかったらいいんだろう。

    文通で知り合って、結婚した
    幸せな夫婦をひと組、知っているのが
    ちょっとした、希望かな。

    コロナ、長丁場になりそうだね。

    それでも
    少しずつ、イベントの話が舞い込みはじめた。
    主催者は(出演者も)
    薄氷を踏む思いだろうが、文化の灯を消さない
    ように、何とか個々の表現の生きのびる道をさがして、
    ひっしで、みんな知恵を絞っている。
    せめて、その思いに寄り添いたい。

    ウイズコロナ

    水コロナ、に聞こえる今日の、日本列島。

    ***
    それでも
    夏に向かって
    元気はつらつの
    いのちの、なかま。

    草木、草花に
    日々の大丈夫、をもらっています。

    埼玉・飯能
  • 8月10日(月)

    今日は祝日だ。
    えっと、何の日だっけ

    山の日。
    祝日法第2条によれば「山に親しむ機会を得て、
    山の恩恵に感謝する日」とある。

    本来は明日(8月11日)が
    今日に(特措法により)なったのだそう
    開催予定の東京五輪への特別措置で、ということだ。

    夏の川面を船に曳かれて――
    お台場に置かれていた
    五輪の輪がしずしずと退場していった

    山あり谷あり五輪延期ありの、今日は山の日。

    じんせい
    なにがあるか、わからない。
    そして
    なにがなくなるかも、わからない。

    夏の川面を船に曳かれて――
    五色の輪がしずしずと退場していった
    「また、戻れると良いけれど」の声に見送られて。

    Go to(いけ)と
    Stay home(おうち)のことばの扉が
    ひらいたり、とじたりしている。

    憂鬱になれば、きりがない。
    こうなったら
    腹をくくって、もしかしたら何百年に一度の
    災難に当たったことを、宝くじのように愉しむのも
    手ではないか。

    どうせ、脳には
    喜びと悲しみの区別はつかないらしいし。
    胃袋の暗がりに、
    フランス料理とカップ麺の区別がつかないように。

    いよいよ、恐怖はひとを変容させはじめた
    ようだ――
    「帰ってくるな」と玄関に手紙を投げ込むひとと
    「マスク不要」と駅前で音楽フェスをするひとと

    珍種はやがて新種になるのだろうか。

    ひとの普通がゆれている――
    ゆれてるときは動かない、葉っぱにとまった
    虫たちは。

    ***

    こしあんの好きな義母に、評判の水羊羹を
    商店街で買った。

    和三盆ですか?
    いや効かせ程度です、全部ワサでやると
    くどくなるから。

    夏祭りなくなりましたね、秋はどうかな。
    中止になりましたよ、16万人も出るからね。

    お店は、痛いですね。
    仕方ないですよ、感染広がってるから。

    「仕方ないですよ、***だから」

    きっと、同じことばが75年前にも
    ここを、通った。

    ***

    夏草は元気いっぱいだ
    なんでや
    と、問いたいぐらいだ
    なんとか
    と、頼みたいぐらいだ
    元気の秘訣を。

    それでも
    じっと目を凝らせば

    夏の葉も病んでいた。

    埼玉・飯能
  • 9月1日(火)

    ただ
    ただただ
    だだだだだ
    だだだだだだ
    だだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ
    だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ
    だだだだ
    無駄に続く人生もあれば
    だだだだだだだっ
    七発で終わる人生もある。

    *

    鳴り物入りの
    八月が終わり

    あなたの健康を守ることと、わたしたちの
    平和を守ることが、繋がっているとすれば
    誰にとっても幸いなことです。

    蝉の声に虫の声が混ざり
    今日から九月の

    てすてす、てす。
    朝夕は少しましでも

    まだまだ昼は暑くて
    流れに足を入れると

    入間川が
    人間川に、見える。

    埼玉・飯能
  • 9月23日(水)

    16度だよ、寒いっ。長袖がいる!
    と騒ぐ家族の声で、朝を迎えた
    奥武蔵・飯能です。

    まえは。
    「暑い」のあとには、「涼しい」のひと声で
    ちょっと涼んでから、「寒い」冬をむかえ
    そして。
    「寒い」のあとは、「暖かい」のひと言ふた言で
    しばらく暖まってから、「暑い」夏へとむかったように思うけど

    近年はどうも。
    「暑い」の文句のあとは、すぐ今朝のように「寒い」と
    次の文句を言っているようで。段から段に飛び移るように
    文句から文句を跳び移って、ご機嫌な時間が減ってきた気がする。

    涼しいな、や。暖かいね、の。
    やさしい合(あい)の言葉や季節がなくなって。気持ちや気候の段差がいっそう
    きつくなったように感じる。

    頻発する豪雨災害や、河川の氾濫等につづいて
    これも世界的規模での深刻な気候変動のせいだろうか。

    ウイズコロナ、のつぎは、ウイズ気候変動なのかねと、吐息もでる。
    先は見えないし、元には戻れない――いったいどうなっちゃうんだ?
    ぼくらをのせて、ひょうたん島はどこへいく、うううう、と
    ときどき、難破船の乗組員のような、気分にもなる。

    それでも日々、高くなる
    空を見上げれば、すいすい元気に飛び交うアキアカネの群れ。おお、秋だ秋茜だ。
    足元を見れば、道には色づいた落ち葉がチラホラ並びはじめている。
    去年の秋と今年の秋の違うところは――
    落ち葉のなかに、白いマスクが何枚か混ざっているところかな。

    白いマスクが、これは夢ではないよと
    現実を見よと、警告する。

    マスク暮らしも、板について。人気のないところでの
    マスク外すタイミングも心得た人々の、外し方もそれぞれ個性が出ていて
    観察するとけっこう面白い。

    顎の下にずらしてタバコ吸ってる、顎マスク。
    片肌脱いだ遠山の金さんのように片方外した、片耳マスク。
    ゴム紐が伸びきってないとああはできないだろう頭の上の、あみだマスク。
    口だけ隠せばじゅうぶんだと思っているらしく堂々と、鼻出しマスク
    人の気配を感知するとさっとポケットから現れる、忍びマスク。
    マスク景色も、十人といろだ。

    外出自粛令のおかげで、すっかりテレビっ子になってしまっている。
    ニュースやワイドショーやドラマに映画とまあよくテレビを見る。
    (推しの司会者や、コメンテーターもできた。今日の髪型や服まで気になる。)
    きのうもテレビでおもしろい話を、仕入れた。

    それはね。
    ひとに何とかマスクをしてもらうための、
    ところ変われば、セリフも変わる――
    世界お国別、口説き文句の違いです。これは唸った。

    アメリカ人にマスクをさせるには、
    「ヒーローに、なれるよ。」(アメコミだ)
    イギリス人には、「紳士は、してるよ。」(おとなだ)
    ドイツ人は、「マスクは、ルールだよ。」(まじめだ)
    イタリア人は、「モテるよ。」(さすがだ)

    さて、日本人は?と固唾を飲んで待った。
    さて、なんだとおもう?なんだとおもう?

    なんだとおもい、そうかとおもった。
    そうかとおもい、やっぱりとおもった。
    そして、ちょっと悲しくなった。答えは

    「みんな、してるよ。」(赤信号だ)

    みんなしてるよ、で落ちる。にっぽんじん。
    なるほど、と思いつつ、こわくなった。
    「みんな、しんでるよ」に
    かわったら……おだぶつだもの。

    みんなのくに、にっぽんなんですね。
    ばんざい。

    みんなのくにから、ひとりのわたしを
    とりもどせ、なんて。

    そとではいえないことを、こころのなかで
    ぶつぶつ、いいながら――

    河川敷を散歩してると、白い落ちマスクのつぎには
    草むらに赤い彼岸花を発見しました。

    こちらには彼岸花の名所が結構多いのです。

    ちなみに隣りまちには500万本の曼珠沙華(彼岸花)の開花で
    有名な観光名所がありまして
    9月、10月、つまり今頃の季節は毎年、どっと各地から老若男女が押し寄せて
    真っ赤な絨毯と化した、満開の曼珠沙華の周りを
    ぎっしりの人が埋め尽くしては右往左往。たくさん出店も出てたいそう賑わう
    まちをあげての曼珠沙華まつりも、今年はコロナで中止。

    そのために、咲く前の花の「刈り込み」をしたとのこと
    花たちはだまって(あたり前だが)、されるがままに
    つぎつぎおとなしく(あたり前だが)、刈り込まれていったのだろう。
    ・・・・・・・・・
    いまかいまかと花咲くじゅんびもばっちりの蕾もふくらんでいただろうはずの
    500万個の花の首が、いっせいに落ちたとは
    花に罪はないものを――ざんねん、むねんだ。

    春は藤の名所で藤の花房が、切り落とされ
    バラ園ではバラの首がやはり、摘み取られ
    そして秋には、曼珠沙華、おまえもか。
    (みんな、してるから?)

    原発事故では、動物たちが
    コロナ禍では、植物たちが――結構犠牲になりますね。

    早く、動物も植物も人間もともに、支え合って
    (みんな、そう。とくいな、みんなで)
    たのしく暮らせる日が、きてほしい。

    マスクをずらして、深呼吸したら
    きょう、金木犀が匂った――

    いいにおい。

    今年初の、秋の香りだ。
    こんにちは、秋。

    埼玉・飯能
  • 10月15日(木)

    ぶどう
         
    きょう、つきたらずの、
    ななひゃくぐらむ、のまごが、
    うまれました。

    すーぱーで、
    きょほう、ひとふさ、はっぴゃくぐらむ、とあって……
    なみだが、こぼれました。

    にがつの、よていより、
    ずっと、はやく
    やってきた、じゅうがつの。

    ぶどうのふさより、ちいさな、まごの
    ひとの、かたちが
    いとおしくて。

    ひっしで、いきようとしている、ちいさな
    あまやかな、いのちが、
    ありがたくて。

    (いろんな、かくごと、かのうせいを、きかされた
    ふたおやを、おもって、
    ひかりと、かげのさす、たんじょうの、しらせに――)
    ぶじにと、ばかり、いのるよるです。

    ぶどうより
    ちいさいいのちが、こんなにも、いきようとしてる
    のに どこかでは
    おおきないのちが、いきるのをやめようと
    してるなんて……

    と、もらすと、かえりにたちよった
    むすこが
    ひとこと

    ふしぎだね、といった。

    これは、去年の今日ではありませんが
    10月のこの頃に生まれた孫のことを書いた詩です

    700グラム、と聞いた時わたしはどんな反応を
    すれば、いいか、まったくわかりませんでした

    700という数字の、いみとかたちがつかめず
    かなしんでいいのか、よろこんでいいのかが
    わからなかったのです

    ぼんやりしながら、スーパーに行ったとき
    果物の棚に、ツヤツヤと輝く巨峰が載っていて
    800gとありました

    それを手のひらに受け取ってみて
    ああ、この葡萄より小さい子、と思ったとたんに
    胸がいっぱいになったのでした

    年が明けて、コロナによる感染症が流行して、まちは
    世界は、一変しましたが
    わたしたち家族は、じつは去年の10月から

    NICU(新生児集中治療室)に面会するときに
    マスクや消毒や腕まで洗うたんねんな手洗いは、
    孫のおかげで、もう身についているのでした

    おかげで、あちこちと、人の居る場所に
    出かけるわたしですが、今のところ元気で
    ぴんぴんしています

    まご、ありがとう

    700グラムから1000グラムになるまでがたいへん、たいへん
    時間がかかって 毎日ハラハラの連続で、50グラム増えたと聞いた
    だけでも、やったーと、大喜びしていました
    (わたしなんか、ぐうたらしたら、1000グラムなんて、あっというま
    だっちゅうに)

    その孫も、今では8000グラムで、すくすく元気に育って
    もうすぐ一歳になります
    ありがとうございます、ありがとうございます、
    ありがとうございます、と全方位にぺこぺこして
    お礼がいいたい

    生きようとする命を、生かそうとする命、ふたつの命が
    いくつもの命が、この世界で
    たいせつに、守られますように――

    ひとつだけ、残念で、つらいことは……
    病院を出ても、みんながまだマスクをしていて
    まごに、たくさんの笑顔が見せられないこと

    笑顔という、ひとの最高の、宝物が
    隠されている世界で、おまえをむかえること
    です

    だから、ときどき、世界のマスクを外してきみに
    教えてあげたい、大丈夫、隠れているのは
    (ほらね)
    ぜーんぶ、笑顔だよって!

    埼玉・飯能
  • 11月6日(金)

    木々の葉が少しずつ赤や黄色に色づきはじめた。
    日頃の暗い山肌もこの時期は、つぎつぎ灯をともすように
    ぱっと明るく輝きはじめる、それがうれしい。

    「滅びの前の明るさ」という、太宰の言葉を
    紅葉の頃になると必ず思い出すが
    暗い顔で散るより、目いっぱい明るく笑って
    散るような、葉っぱが好きだ。

    秋は木の実も熟れるが、日差しも熟れる。
    特にはちみつ色に熟した、午後の日差しは
    うっとりするほど、きれいだ。
    壁や床にたっぷりこぼれているのを、見つけると
    ジャムの瓶に詰めて、棚に並べて置きたくなる。

    赤や黄色に日本の山が染まりはじめたこの頃。
    アメリカでは、ちょうど大統領選がはじまって
    赤と青がせめぎ合いながら、染まっていく大陸の
    2色に塗り分けられた地図から、目が離せない。

    接戦が続き、異様な熱気に湧く、開票所の様子を伝える
    配信動画を、深夜から早朝まで見守っていて
    目が痛くなった。

    「STOP THE COUNT!」
    「COUNT EVERY VOTE!」

    二手に分かれた、トランプ派とバイデン派の
    老若男女の応酬合戦は、ノリノリの音楽に合わせて
    歌ったり踊ったり、ロックフェスのようで、熱いし楽しい。

    一触即発の危険性も孕んではいるが、それでも、笑顔があり
    楽しい、が混ざるところが日本と違うところだろうか。
    政治的なことであれ、文化的なことであれ
    我を忘れて、熱中することに

    ファン(楽しい)がないわけがない。

    じつはわたしも先日、国会前のロックフェスに参加してきた。
    国会議事堂の前で、警護のお巡りさんとかいる場所で
    何をしてきたか、というと

    音楽にのって、マイクをもって
    自分の詩を声に出して、読んできた。

    楽しかった。

    教室であろうと、ライブハウスであろうと
    路上であろうと、国会前であろうと
    わたしのやることは、いつも
    いっしょ。

    自分の書いた詩を、読む。
    それだけ、だ。

    じつは、お巡りさんがじわじわと近づいていた。
    ・・・・・・・・・
    「君死にたまふことなかれ」が不敬罪に当たると非難されたとき
    与謝野晶子は「歌は歌に候」と言い切った。
    活動家としてメッセージを発信し続ける
    デトロイトの黒人の女性詩人、ジェシカ・ケア・ムーアも
    「わたしは、単なる詩人です」と答えている。

    つまり、彼女たちは、こう言いたいのだろう。
    「わたしは、わたしの仕事をしているだけです」

    わたしも、同じく、問われたら、答えるだろう。
    「これは詩です。わたしは、ただの詩人です。(Just a Poem, Just a Poet.)」

    それ以上でもなく、それ以下でもないものとして
    書いて、立って、読んでいる。

    わたしの思いはいつも、それだけ。
    そして、わたしは、わたしの好きな仕事ができて
    とても、楽しい。

    埼玉・飯能
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
  • アトリエおよばれ
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
CREDIT