© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

ジョーダン・A. Y.・スミス

  • 4月11日(土)

    全ての全てが懐かしくなった日から
    従来の日常を捨て
    他人の日記を書くようになった。
    そして、その人に
    僕の日記をつけてもらうようになった。
    新世界の毒の空気を
    シンプルな言葉で彩る実験。

    その日記によると、ある日僕は、

    外を眺めていたら一番星が輝いていた。
    そのままずっと見つめていたら一つ流れ星が流れた。
    願う前にはもう消えていた。
    仕方ない、
    今日も空には綺麗な月が浮かんでいる。
    流れ星には滅多に出会えないけど、
    お月様には出会える。
    だから今日もお月様にひとつ、
    大切な願いをそっと込めて、
    眠りについた。

    そして、僕の頭の中には
    こんな日記が落ちてきた

    今日は夢の中で、目が覚めた。
    つまり、夢の中の夢だった。
    夢の中の夢から起きて、
    ベッドの隣に置いてある日記を手に持ち、
    自分の親指で文字を書き出した。
    指先から溢れてくる文字を
    半分しか読めなかったけど、
    その中「海」か「苺」が浮かんでいた。

    それで、実際に目が覚めて、
    その夢から日常の現実に戻ったら、日記を見た。
    この文字がもうすでに書いてあった。
    今は何が夢なのか、何が現実なのか、
    わからない。
    けれど、
    何れにしても、
    海に行って苺を食べたいと思う…

    とか。

    こういう風に
    一枚一枚を交わしているうちに
    他人は僕の夢に入り込んできた。
    「地獄とは他人のことだ」とはいうけれど、
    自宅隔離の二人、
    お互いの架空の内面を探って
    よく分かったことは
    地獄とは自我である
    地獄とは自粛である
    そして、他人は楽園になれるのだ。

    夢の中で
    僕らが何をしていたのかを
    今度身を以て会う時に
    細かく伝えるのだ。
    その時にもまた、
    その時までの全ての全てのことを
    懐かしくする。

    東京都・神楽坂
  • 5月4日(月)

    Zoomのどこでも窓を通して
    家内修羅場、
    ドメスティックサーカス、
    無人島へズームイン
    デジタル背景で
     場所の意味を消そうとする駒たちと
       会議のチェスボードで
    I’m unraveling
    ––fine—
    I’m Time/
    traveling

    去年の季語は
     夏の肌
    ムダ毛
    キレイ
    ワキ汗対策

    今年の季語は
      ない。空っぽな広告の枠

    俳句、零時、h i c r a z y

     ラン乱イラン欄違乱いらん、蘭
      選船千線専戦せんといて
       チョー長朝町長蝶々よ、超
        孝行高校や航行煌煌
         1湾1ワンワン1腕,、no one won、no王

    耳と耳を
    ずっとつけ続けているヘッドフォンから
    解放させないと
    次第に大きくなってきた音は
    サイレンなのか、ほぼ静かになった一日の残影なのか、
    区別できない。

    上記の断片に希望の小雨をぱらつく
    医療と薬学が脱線してゆく糸に辿り、
    何と
    水星では「一日」は
    地球の58.6日だそう…

    写真:Jason Scuderi
    東京・神楽坂
  • 5月27日(水)

      事実真実果実
    せ い か く に
    み   の   る
    く に か せ い
    み   の   る
      事実真実果実

    布団フォトンポテト
      お こ す
      こ う し 
    ひかり と ひかり
        の
       衝 突
     お ち つ き
     ま ど ろ み
    ZZZZZZZZZZZZZZZ
    ? ? ? ? ?
      事実真実果実
      …
     データの流れに従って
     水がヒノキに滴る
       庭の欠片
       煙の石榴
     黙示録 ではないが
       一応、調べておこう
        ゾンビって
        泳げるんだっけ

    東京、京島と神楽坂
  • 6月19日(金)

    安全性に救われる人間の命
    安全性に押し殺される人間の心
    命勝負と心勝負の間の勝負
    三ヶ月でほぼ決まった
    遠くに死んだ
    お金持ちの偉いさんの庭で
    旧古河の古池に
    霊的な負担を投げ
    別次元にドボン
    薔薇を嗅ぎ比べる
    架空の薔薇賞委員会の
     滑稽に厳しい審判
      点数をつけながら
        少しずつ心を裸にする

    たまには
    愛着しているものでも
    洗えるように
    脱がないと

    雨が降るのかなと言いながら
     雨の降らない日に
      初恋か恋心
      春芳か朝雲
      どっちの香りの方が良いか
      どっちの香りの方が強いか
    そろそろ自分の鼻で
    決めたい
    というか
    生の空気を吸って
    悩みたい
    昨日と明日の余韻の間で

    東京、西ヶ原と神楽坂
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
CREDIT