© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

松田朋春

  • 4月1日(水)

    玄関先の
    古紙回収のトイレットペーパーが盗まれた
    志村けんが亡くなって三日目
    追悼番組を見て笑った
    これからどうなるのだろう
    都立高校の新学期はもう一ヶ月伸びるそうだ
    学校に行かない子供たちは着替えもしない
    加害者になるなという声が大きくなり
    都知事は夜の酒場に行くなといい
    カラオケとライブハウスに行くなという
    当事者には処刑の宣告に聞こえるのではないか

    新型コロナウイルスの致死率は2~3%とされていて
    これは騒ぎがはじまった当初と変わらない
    変異したのは我々で
    遠くの2~3%と
    すぐそばの2~3%では
    こんなにも違うのだ

    ことしの桜は早々と咲き
    ふしぎと散ろうとしない

    全世帯にマスクを2枚ずつ配ると
    マスク姿の首相が発表した

    東京・世田谷
  • 4月19日(日)

    天気が良いので
    犬の墓参りに出かけたが
    墓地も自粛要請だという

    スーパーから帰ってくると着替えをするようになった
    多摩川の土手も人が多すぎると感じる

    ずっと家族と一緒にいる
    うちとけている
    階段をのぼる音で誰だか分かる
    みたいな会話

    猫は自由にでかけてゆく

    どうせみんなが感染しなくちゃ終わらないんだから
    さっさと済ませたほうがいい
    致死率はインフルエンザ並み
    高齢者を隔離して
    仮設病院をどんどん作って
    キャパシティを確保して
    普段の仕事に戻ろう
    みんなで医療ボランティアをやろう
    そうでないと
    社会が痛んで死ぬ人が増えるよ
    人の行き来が断たれれば
    世界中を疑心暗鬼が覆うようになるよ
    と言いたいが
    言えない

    世の中が急速に回復するイメージと
    停滞が続き分断が定着するイメージが
    交互にやってくる

    東京・世田谷
  • 5月17日(日)

    スーパーもガーデニングショップも
    ほんとうに大勢のにぎわいで
    大気は理想的にここちよく
    何かの間違いではないかと思うくらい
    すべては健康的だ

    高一の娘に
    夏服が届いた
    まだ入学の制服も着ていないのに
    長男は毎日のように
    自転車で遠乗りに出かけていく
    巣篭もりが平気な次男は
    もうすぐ学校がはじまるといって
    ため息をつく

    家族は
    猫ばかりなでている

    ニューノーマルという言葉は
    古くも新しくも感じる
    名刺の束に
    つよい違和感がある

    東京・世田谷
  • 6月9日(火)

    赤い都庁は問題がウイルスから人間側に移ったことの警報で
    これから大きくなる綻びを予兆しているのだろう
    だれにも解除できないこの状態は災禍というより
    百年に一度巡ってくる不思議な季節のようだ

    蚊は刺し
    装いは軽くなっても
    日に焼けた子はいない
    マスクは街にあふれている
    みんな機械としか話してないのに

    東京・世田谷
  • 6月27日(土)

    このところ東京では50人くらいがアベレージで
    ウイルスが社会に定着していくようすが
    想像できるようになってきた
    真夏日に少し動くとマスクが息苦しい
    許容は様々なことがらを
    天秤にかけながら形成されていく

    イベントで詩の書店をやって
    何ヶ月かぶりに知らない人たちと接して
    目ばかりを見て話しかけた
    鼻も口も皮膚の下の内臓のようだ
    そのような出会い方で
    人を記憶するには
    もう少し時間がかかる

    そう
    マスク越しの会話と
    詩を挟んでの会話の
    類似と違いを思ったのだった
    この声は自分ではないし
    あなたでもないでしょう
    それでも強く伝わっていることはあって
    そのような出会い方で人を
    正しく記憶するには
    もう少し時間がかかる

    東京・港区
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
CREDIT