© SPINNER. All Rights Reserved.

2020.04.29

佐内正史×御徒町凧 対談記事を公開

ただ、撮る。ありふれた日常の一瞬を切り撮り、フレームの中にその場の空気感を封じ込める写真家の佐内正史さん。97年に写真集「生きている」でデビューし、その後広告や映画のスチール、ミュージシャンのジャケット写真や書籍等で写真を撮り続けながら、コンスタントに写真集を出版。2008年には自身のブックレーベル「対照」をスタートし出版活動も行う。詩人の御徒町凧さんは、歌手・森山直太朗さんの楽曲の共作者であり、事務所の代表という仕事に始まり作詞家として様々なアーティストに歌詞や楽曲を提供したりと幅広い活動をしている。御徒町さんが月に一度行っているイベント「POETRY CALLAS」のゲストに佐内さんが来たり、写真詩集『Summer of the DEAD』を共作する仲だ。2人が考える軸の話は、人間や俗世を超えたものとなりました。

佐内正史×御徒町凧 対談記事はこちら

  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
  • アトリエおよばれ
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
CREDIT