© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

WRITER

oblaat

新型コロナウイルスの感染拡大により、街の様子がすっかり変わりました。
多くの人々が、せいぜい悪性のかぜみたいなものだと思っていたのはほんのひと月前で、社会の空気の変化に驚いています。
未曾有の事態なので様々な出来事は記録されていきますが、こういう時こそ、人々の感情の変化の様子をしっかり留めておくべきではないかと思いました。
「空気の日記」は、詩人による輪番制のweb日記です。その日の出来事とその時の感情を簡潔に記していく、いわば「空気の叙事詩」。
2020年4月1日より、1年間のプロジェクトとしてスタートします。

MEMBER

oblaat(オブラート)は、詩を本の外にひらいていく詩人の集まりです。
http://oblaat.jp/

「空気の日記」執筆者

  • 新井高子
  • 石松佳
  • 覚和歌子
  • 柏木麻里
  • カニエ・ナハ
  • 川口晴美
  • 河野聡子
  • さとう三千魚
  • 白井明大
  • 鈴木一平
  • ジョーダン・A. Y.・スミス
  • 田中庸介
  • 田野倉康一
  • 永方佑樹
  • 藤倉めぐみ
  • 文月悠光
  • 松田朋春
  • 三角みづ紀
  • 峯澤典子
  • 宮尾節子
  • 山田亮太
  • 四元康祐
  • 渡辺玄英

新井高子、石松佳、覚和歌子、柏木麻里、カニエ・ナハ、川口晴美、河野聡子、さとう三千魚、白井明大、鈴木一平、ジョーダン・A. Y.・スミス、田中庸介、田野倉康一、永方佑樹、藤倉めぐみ、文月悠光、松田朋春、三角みづ紀、峯澤典子、宮尾節子、山田亮太、四元康祐、渡辺玄英

  • 3月2日(火)

    すごい雨で沈丁花や、やっと咲き始めた木蓮が散ってしまわないか心配。
    いつもは自転車でいく駅までの道を歩くと、街路樹の根もとにいつのまに、ナズナやヒメオドリコソウが咲いていたことに気づく。タンポポも一輪、咲いている。
    帰りに渋谷に寄ってaikoの新しいアルバムを買う。特典でノートがついてくる。レコード店ごとにそのデザインが異なり6種類ある。タワレコでBlue-rayつきの初回限定盤を買って、TSUTAYAでCDのみの通常盤を買う。ノートを2冊入手する。良い詩を書きたいとおもう。
    20年以上のながきにわたってaikoのうたを聴いている。変わらずほぼほぼ恋愛のうたのみを、その機微を、微に入り細を穿ち描きうたいつづけている。
    西脇順三郎の詩集『旅人かへらず』の「はしがき」にこんな一節がある。
    「自然界としての人間の存在の目的は人間の種の存続である。随つてめしべは女であり、種を育てる果実も女であるから、この意味で人間の自然界では女が中心であるべきである。男は単にをしべであり、蜂であり、恋風にすぎない。」
    引用部分だけだと時代遅れな二項対立ととられかねないが、西脇は自らの(そして人類のだれしもの)内に女性と男性とがあり、この詩集は(というかおそらくどの詩集も)自らのうちなる女性による、詩のことばによる生の記録である、というようなことをいっているのだとおもう。
    aikoのうたもまたここでいう「恋風」のようなもので、「必然的に無や消滅を認める永遠の思念」(同じく西脇の「はしがき」より)をはらんだ、人類の存在の普遍的な寂しさにふれた、うたたちなのだとおもう。
    西脇の「はしがき」の、先に引用した部分の前には、
    「路ばたに結ぶ草の実に無限な思ひ出の如きものを感じさせるものは、自分の中にひそむこの「幻影の人」のしわざと思はれる。」とある。
    道ばたの花のように、あるいは花をゆらす恋風のように、われわれの日常のかたすみに寄り添い彩る、aikoのうたたちである。

    東京・冬木
    カニエ・ナハ
  • 3月1日(月)

    詰めものがとれた虫歯か
    あったはずのもの、あるべきところが、
    がらんどう
    傷んだ神経のなま臭さよ
    黒ずんだ底には、ミュータンス菌がはびこって
    喰べカスの酸っぱい舌が
    エナメル質のコーティングを溶かし、
    象牙の白壁を崩し、
    剥き出しにするのだった、
    穴だらけのコンクリートを

    行き先がきえた給水管と排水管、
    照らす当てのない電球と蛍光灯、
    温める相手のいない空調の吹出し口、
    それらは
    ただ、ぶら下がる
    ただ、揺れている
    天井板が壊されたもぬけの上部から
    半身不随みたいに

    不安と不安定のアートだよ
    作意のないホンモノだよ

    もう何日もそのままだから
    やりかけの工事ではない
    完成なのだ、
    死んでなお
    じぶんを持てあます電線のたわみの、

    いまや
    マンション一階のはんぶんが、

    半年前までは美容院だった
    年末までは整体治療院だった
    あの奥の工房がいつ消えたか、気付きもしなかった

    神奈川・横浜
    新井高子
  • 2月28日(日)

    もうすぐピアノの発表会
    きょうは
    町の児童館の一室を借りて
    リハーサルが行われた

    でも教室のみんないっしょに ではなくて
    ひとりずつ 時間差で入場したから
    子どもは
    どのともだちのピアノも
    聞かなかった

    でかけるなら少人数で
    それと
    遠くへはいかないこと

    もう数か月 いえ、一年ものあいだ
    恐ろしい呪文のように
    子どもに
    自分に
    言い聞かせてきたことは
    見えない足枷になっているのだろうか

    廊下でじゅんばんを待つあいだ
    換気のためにおおきく開かれた窓から
    明るすぎるひかりが差しても
    まだ
    ここにいなくてはいけない と
    思おうとしている

    小さなホールが一瞬
    しずかになったあと
    ドアの隙間から
    上級生の弾くマズルカが流れてきた

    音符と音符は
    じゃれあう蝶たちのように
    廊下の窓から抜けだし
    通りを歩くひとの肩や髪にとまり
    知らない電車にのって
    知らない海や山へと辿りつくのかもしれない

    明るい日差しのなかに
    おとなたちを置いて
    子どもたちはじゅんばんに
    なにももたずに
    ピアノの前にすわる

    わたしたちが
    まだ見ることのできない
    先へ 遠くへと
    たったひとりで
    向かうために

    東京・杉並
    峯澤典子
  • 2月27日(土)

    食べずに古くなったキウイがいくつかあったので、
    4個を選び、2個を薄くスライスして2個は賽の目切り
    さらに皮の黒くなったバナナ1本も細かく切って
    ホットケーキミックスに混ぜて
    ケーキを作った
    炊飯器で焼いて、まだ焼きが足りないのでフライパンに移して焼いた
    焼いたら
    果物は元来た場所を語り始めた
    甘酸っぱくなったキウイは、典雅な川をさかのぼり始め
    バナナは、私は芋のように食べてもらっていいです、と話し始めた
    それを聞いていると
    猿のことを思った
    めという名の小さな猿のことを

    それは高い木にのぼって
    遠くの平らな山が見たくて見たくて
    海から陸へ上がった

    海から上がったのは
    見たいものがあったから
    したいことがあったから
    けっして捨てられたり、もぎとられたのではなかった

    そして海から来たものだから
    猿も
    海の生きものを名乗ってよい

    さいごの一人が
    壮麗な夕陽
    海に沈む夕陽を
    頌める
    その
    頌めだけが
    もはや体のない頌めこそが
    地球に残る
    われわれの子孫

    という歌を
    未来を見てきた歌を
    温かいキウイが歌って聞かせてくれた

    千葉・市川
    柏木麻里
  • 2月26日(金)

    青空が欠片となって
    バラバラと落ちてくる
    朝の西武国分寺線はいつになく密で
    天井にわだかまっている
    吐息のような未来に
    何かと何かの境は
    急速にあいまいになってゆく

    このごろ高校生が増えた
    スーツ姿の男女がすくない
    マスクを二重にしている人も増えた
    現場へ行く途中の倉庫の前で
    マスク50枚が200円で叩き売り
    されていた
    路地に猫がいない空き地が目立つ住宅地

    なんにもない毎日は何かがあふれている毎日
    そんな時間には尾がない
    あらゆる影を欠いた
    光のように

    東京・小平
    田野倉康一
  • 2月25日(木)

    蒼空がきれいだ
    それだけをおもって歩いた
    日々の生活に困難が山盛り押し寄せてきて
    現実的に対処しなきゃならないから考えたり調べたり
    動いているけれど
    こころが散らばっていく
    持ちこたえられなくなりそうで
    できるだけ顔をあげて遠くを見ながら歩いた
    昨日は
    とてもいいお天気だった
    だけど帰宅後は
    体中の力が抜け落ちるみたいに起き上がれなくなる
    指先から奪われて冷えて
    つめたい瞼をぎゅっと閉じる
    眠れないまま
    染み込んだはずの蒼空をかきあつめ
    夜のなかへ潜り込むと
    女ともだちからのLINEの言葉がときどき灯って
    散らばっていたところをかすめるたび
    少しずつ整えられていく
    朝になれば
    空気の日記の当番日だから
    こんな今をいったいどう書けるのだろうと
    手探りをする
    わたしの暗闇はわたしだけのもの
    説明はできないし
    わかってもらいたいというのではない
    それでもわたしのなかで言葉はまだ生きていて
    動いて
    どこかへ届こうとする
    そのことがわたしを支える
    蒼空がきれい
    きれいだったよ
    重なりあう建物に遮られ暗い機影に切断されても
    広々とひかりはそこにある
    滅びていくときもきっと蒼ざめてそこに
    あかるんでいる
    誰もがそれぞれの暗闇と蒼空を抱えて昼と夜を漂い
    どこかわからないそこへ
    いつかたどり着く

    東京・神宮前
    川口晴美
  • 2月24日(水)

    昼間になると
    にこにこ笑ってるような
    暖かい日差しがあたりいっぱいに
    こぼれて

    春はもうそこまで来ていると
    告げてくれている

    義母が倒れて二週間になる
    このところのきびしい寒暖差が
    老齢には響いたか

    脳出血だった

    行かない日だったので
    悔いが残った

    覚えて置け
    という詩を書いた

    覚えて置け

    行かない日があった
    一日だけ行かない日があった

    覚えて置け
    そんな日に、必ず

    愛は倒れるのだ

    コロナ禍なので、面会ができない。

    ナースセンターに問い合わせると
    名前は言えるように
    なったとのこと、かおがみたい

    今日は留守宅の
    植木鉢の水遣りに行った。
    テレビをつけると音量が大きくて飛び上がった

    少女の頃には
    「桜貝すみれ」というペンネームで
    小説を書いたのよと前に打ち明けられたことがあった

    噴き出しそうになった乙女な名前だけど
    本名は「皿海すみこ」なのでまんざら
    嘘っぱちでもなかった桜貝の
    (ずいぶん耳が遠くなった――)

    すみれさん、すみれさん、
    すみれさん、すみれさん、

    もうすぐ春の、すみれさん

    お家に戻って、咲かせておくれ
    (明るい春の縁側で――あははとわらう)
    花の笑顔を、もう一度。

    埼玉・飯能
    宮尾節子

LATEST

  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
  • アトリエおよばれ
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
  • TEXTILE JAPAN FOR SPINNER
CREDIT