© SPINNER. All Rights Reserved.
執筆者別アーカイブはこちら

空気の日記

「空気の日記」トーク&朗読イベント
“online”開催

9月26日(土)15:00〜16:30
@スパイラルガーデン

1年間のプロジェクトとしてスタートした23人の現代詩人によるリレー詩「空気の日記」が折返しの時期を迎えます。コロナ禍を振り返りながら執筆者が半年間の空気の変化を語り合います。会場ではリモートライフの暗喩する「糸電話」を用いた朗読パフォーマンスの実験を行います。youtubeライブ配信も予定。

WRITER

oblaat

新型コロナウイルスの感染拡大により、街の様子がすっかり変わりました。
多くの人々が、せいぜい悪性のかぜみたいなものだと思っていたのはほんのひと月前で、社会の空気の変化に驚いています。
未曾有の事態なので様々な出来事は記録されていきますが、こういう時こそ、人々の感情の変化の様子をしっかり留めておくべきではないかと思いました。
「空気の日記」は、詩人による輪番制のweb日記です。その日の出来事とその時の感情を簡潔に記していく、いわば「空気の叙事詩」。
2020年4月1日より、1年間のプロジェクトとしてスタートします。

MEMBER

oblaat(オブラート)は、詩を本の外にひらいていく詩人の集まりです。
http://oblaat.jp/

「空気の日記」執筆者

  • 新井高子
  • 石松佳
  • 覚和歌子
  • 柏木麻里
  • カニエ・ナハ
  • 川口晴美
  • 河野聡子
  • さとう三千魚
  • 白井明大
  • 鈴木一平
  • ジョーダン・A. Y.・スミス
  • 田中庸介
  • 田野倉康一
  • 永方佑樹
  • 藤倉めぐみ
  • 文月悠光
  • 松田朋春
  • 三角みづ紀
  • 峯澤典子
  • 宮尾節子
  • 山田亮太
  • 四元康祐
  • 渡辺玄英

新井高子、石松佳、覚和歌子、柏木麻里、カニエ・ナハ、川口晴美、河野聡子、さとう三千魚、白井明大、鈴木一平、ジョーダン・A. Y.・スミス、田中庸介、田野倉康一、永方佑樹、藤倉めぐみ、文月悠光、松田朋春、三角みづ紀、峯澤典子、宮尾節子、山田亮太、四元康祐、渡辺玄英

  • 9月15日(火)

    こめかみの内がわを信号が途切れない
    耳鳴りより淡い血流の音を知ったのはいつだろう
    この音が聴きたくて山に来てしまう
    夏は消えながらまだそこにいて 首すじにはうっすらと汗をかく

    ときどき林道を通り過ぎる車は
    遠くからきてまた遠のく波の音
    からだの重みでたわむキャンパス地が舟のかたちになって
    東京はもういいな と思った

    大昔はじけたときから宇宙は無口だった
    カリフォルニアも火星になったのだから
    ようやくみんなかえるところを思い出せるだろう

    やわらかくしずまる自分を聴いている 
    大切な人とトカゲたちが待っているのでなければ
    東京は もういい

    八ヶ岳
    覚和歌子
  • 9月14日(月)

    きちんとした順序を組み立てれば一日で世界一周だって出来るという言葉が忘れられない。浮遊をするということは私にとっては呼吸をすることだったようで、耐えていることもないはずなのに、台風が来て気づく。持ち重りばかりを増やしている。

    今わたしが捕まえようとしていることは捨て去ること放り投げることばかりで、それは私が、むかし街にいたときにずっと考えていたことだった。街の音は積もってしまうから、あんなにたくさんある中からもう少ししかいらないって砂を落とすために書いていた。街からはずっと遠く、今、虫の音が響くこの場所で、もういらないものはいらないんだよねって思ってしまうのは、やっぱり風が吹いたからなのだと思う。

    ジャムを保存していた冷凍庫、顔をうずめたソファ、亡くなった祖父の代からの古釘、いつ手放したってよかったものを外に運び出して、いつかのなんらかの得体のしれない薬品がまだ古い倉庫で笑っているから、古紙を詰めた箱にゆっくりとゆっくりと流し込む。少しずつ少しずつ瓶が空になる。この家にもいたずらに高く積みあがる城があって、それと面と向かおうとするといつも立ち止まってしまう。その高さに、止まらないと動けなくなってしまう。10秒だけ止まっていいよって許しながら、止まって、動き出して、息をどうしたらいいか分からないから、数を数える。1、2、3、4。

    今日もいだイチジクは4つだった。街を遠ざかってから食べ頃のとろりとしたイチジクの見分け方は完璧になった。とっておいたイチジクは砂糖と一緒にくつくつと煮込んでいく。何もかも飛ばしてしまうんじゃないかと思われてた、あの台風の日の翌日は、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12。12個も熟してはじけていた。あのイチジクは台風ですらも待っていたんだ。

    暦通りの温度もなくなれば、いつかという先のことも言えないけれど、秋の風は、あの大風は空を切ったね。切られた空は、切られた先から軽くなっていくんだね。秋が一番好きだっていうことはまだ何も変わっていないから、夢を見て踊ろうか。

    大分・耶馬渓
    藤倉めぐみ
  • 9月13日(日)

    朝の道の脇で芙蓉が開花している
    鯛の皮膚に似た淡色の
    椀状の花弁が風に揺れるさまは
    どこか現実の事物とは違い
    別の世界の水面に
    そっと触れているようだ

    朝起きると
    たまに
    夢を見ていたのか
    何かに夢を見せられていたのかが
    分からなくなる
    夢の中で
    わたしは〈わたし〉の後ろ姿を目視したことがある

    大風が吹くと
    水に映る光景は屈折し
    夢が夢に近づく

    福岡・博多
    石松佳
  • 9月12日(土)

    ひとりひとりに居場所があり
    犠牲にしない社会が強い。
    意志は示しておかないと
    信用は損なわれる。
    域内に敵と味方をつくり
    分断の中で存在感と発言力を維持する。
    応じた者と応じなかった者。
    自助、共助、公助、そして絆の既得権益。
    倫理と利益の持続可能な両立。

    東京・調布
    山田亮太
  • 9月11日(金)

    時代はますます加速して
    あそこにあるあの機械を使うためにだけ
    京都にまた日帰り出張をすることになった

    東京駅を午後に出て
    新幹線の終電で帰る
    「のぞみ」だと東京から2時間15分
    13,970円
    高いけれどとても近い
    ICカードで乗ると指定席はコロナでがらがら
    両側の窓際に乗客がひっついている

    炭屋だか柊屋だかに
    親類の文士が泊めてもらったとき
    犬の頭をなでようとして女将に(この子は
    京都弁でないとわからない、から、
    かしこいなー、(か、にアクセント)
    かしこいなー、(か、にアクセント)
    とほめてやってくださいとご教示をいただき
    その通りに褒めてみたら犬がやっとなついた
    というような逸話も今は
    昔のことである

    深沢七郎に
    「銘木さがし」という掌編がある、これは
    銘木好きの人たちに触発されて
    気がついたら
    京都まで行ってしまうというお話。
    中公文庫の
    『言わなければよかったのに日記』
    で読めますよ、

    志賀直哉の「ある一頁」という小説も
    京都に入ることを書いている。そこには、
     
     「何処ですか」といふのに、
     「よ条小橋」(よ、に傍点)と云つたら、
     「四条(しじょう)小橋ですか」と直ぐ云い直された。彼は何だか
     みんなが寄つてたかつて乃公を侮辱するのだ
     と云ふ気がしてきた。

    とある。結界にひっかかっている。
    読めなかっただけなのに――。

    南北に地下鉄が走る烏丸通、
    そこから東に向かって
    鬼のように
    東洞院、高倉、堺町、柳馬場、富小路、麩屋町、御幸町、
    と来たら寺町通。それから新京極があって河原町。

    これに直行するのが
    東西に地下鉄が走る御池通、そこから南に下がって
    姉小路、三条、六角、蛸薬師、錦小路、そうして四条
    四条通りには阪急京都線が走っている
    昔の新京阪電車である

    この小宇宙。
    (全部、読めましたか?
    (ジンジャーエール飲みたいな、

    はい、おおきにありがとう
    京都はことばで千年も結界を張っている

    京都
    田中庸介
  • 9月10日(木)

    木曜は
    生協さんが来るから
    夕方あわただしい

    、て思ってたら
    今日は午後の三時にはやって来て
    台風で船便が間に合わなくて
    欠品で荷物が少ないから早かったんじゃない
    、てきみが言ったのが本当にそうで

    チャイムが鳴って
    置いておいてください
    インターホンごしに言うと
    荷物を届けてくれた人に
    顔を合わせてあいさつもできないまま
    あとからドアを開けると
    いつもの半分も発泡スチロールの箱がないのを
    玄関の外でふたを開けては中身を出して
    野菜や卵のパックや油揚げやぶどうや冷凍の肉をひとつひとつ
    きみがビニール袋に入れたり
    アルコール殺菌のウェットティッシュで拭いたりしたのを
    ぼくが冷蔵庫にしまっていく

    いつもよりずっと早くて
    いつもなら一人でやるとくたびれきって
    届いたアイスを絶対に
    一本すぐ食べてしまうのだけど
    今日は大丈夫だった
    アイスは来なかった

    ねぇ?
    日常化するの、て
    こういうこと?

    それとも
    これは非日常が続いてる
    、てこと?

    有事も長引けば
    非日常としか思えない暮らしが
    日常に変わる
    それだけのこと

    、て
    わざわざ書くまでもないような
    ささいなことを
    ううん
    わざわざ書いておかないと
    あとあと喉元過ぎて忘れてしまうだろうから、て
    そう思いたくて書いてみている

    あのときそういえば
    そんなことしてたな
    、て
    ふりかえれる日がいずれ来るように

    沖縄・那覇
    白井明大
  • 9月9日(水)

    いさぎよく裂いた赤のなか
    こぼれそうな声を、埋める

    もう いいかな
    もう そろそろ いいかな
    もう そろそろ でも やっぱり 違うね

    最近、妙に苛々して、わけもなく感情が破裂して、
    ぱんって音がしたときには、遅いので唇を噛んで

    雲のかたちが変化する頃には
    あたりまえの世界が
    あたりまえに馴染んで
    忘れはじめて

    布でつくられたマスクを
    手洗いする朝が
    いつもの流れにまざって
    この日常を
    たやすく認めたら
    わたしが壊れるから
    いつまでも怯えていたくて
    埋めた感情を
    掘りおこして
    ほつれた頬を凍らせる

    夕方には、便りも届く

    北海道・札幌
    三角みづ紀
  • 空気の日記
  • エマらじお
  • わたし自炊はじめました
  • 交換日記 凪
  • utakata
  • Spiral Schole
  • 妄想ヴォイスシアター
  • アトリエおよばれ
CREDIT